« 「落雁木型と彫像展」の紹介-10 | トップページ | 落雁木型と彫像展報告 »

2019年3月 1日 (金)

陰刻と陽刻・「落雁木型と彫像展」のご案内

陰刻と陽刻・「落雁木型と彫像展」のご案内    平成31年3月1日
                         雪 爺
       ご 挨 拶

 彫刻には文字や絵画を凹形に彫り込む陰刻とそれらが浮き出るように彫刻する陽刻があります。日本の伝統的陰刻は落雁木型や木版画、陽刻では仏像彫刻でしょう。
  日本各地で陽刻の彫像展はよく見かけますが陰刻展は稀にしかありません。これらの彫刻を趣味で永年彫ってきた作品を主体に今回はその両方を同時展示することを企画しました。陰刻では商用、及び自作落雁木型、陽刻では仏像、三国志群像を展示致します。本展でその違いを楽しんでいただけたら幸いです。
                        北村 征義

 これまで先行紹介して参りました表記「落雁木型と彫像展」を以下の要領で開催致します。お近くに来られた折にはお立ち寄りください。

1.開催期間
  平成31年4月10日(水)から4月21日(日)まで
  時間 午前11時より午後5時まで 最終日は午後4時まで
  定休日 4月15日(月)、16日(火)
2.場所
  相模原市千代田2-2-15 「メイプル1990」2F
  「ギャラリー・スペース游」
  交通案内:JR横浜線「相模原」下車、南口6番バス乗り場より
       相14 上溝行きは「高校入口」下車 徒歩2分
       相12 上溝行きは「市役所前」下車 徒歩7分
 なお、ここに紹介した作品のほか、趣味で作った自作本の立ち読みコーナー、落雁の試食、空摺りした紙、三国志武将や植物・風物版画、絵葉書などのプレゼントもありますのでお楽しみに。

« 「落雁木型と彫像展」の紹介-10 | トップページ | 落雁木型と彫像展報告 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陰刻と陽刻・「落雁木型と彫像展」のご案内:

« 「落雁木型と彫像展」の紹介-10 | トップページ | 落雁木型と彫像展報告 »