« 「落雁木型と彫像展」の紹介-7 | トップページ | 「こいつは春から縁起がいいぞ!」 »

2019年1月14日 (月)

「落雁木型と彫像展」の紹介-8 

「落雁木型と彫像展」の紹介-8                        平成31年1月14日
                                                                         雪 爺
第八回 三国志群像-後編

曹操と魏の群像(像の高さはすべて六寸前後です)

郭嘉と曹操

Dscf1024

典韋、夏候惇と張遼

Dscf1025

その他の群像

董卓、貉蝉と呂布

Dscf1028

水鏡先生と袁術

Dscf1029

« 「落雁木型と彫像展」の紹介-7 | トップページ | 「こいつは春から縁起がいいぞ!」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

 有名な三国志ですね。劉備や諸葛孔明、曹操など、有名な登場人物が知られていますが、この三国志の魏書の東夷伝倭人の条が、卑弥呼で有名な、魏志倭人伝。ここでも、卑弥呼以外にも人物名が出てくるのですが、装束はよくわからないですね。もうちょっと詳しく書いてくれていれば、是非とも倭人の彫像を!とお願いするのですが。
 また、鯨面文身と、いれずみを入れていたらしいことも書かれていますが、そのデザインもわからないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「落雁木型と彫像展」の紹介-8 :

« 「落雁木型と彫像展」の紹介-7 | トップページ | 「こいつは春から縁起がいいぞ!」 »

無料ブログはココログ