« 「落雁木型と彫像展」の紹介ー2 | トップページ | 「落雁木型と彫像展」の紹介-4  »

2018年11月 6日 (火)

「落雁木型と彫像展」の紹介-3 

「落雁木型と彫像展」の紹介-3        平成30年11月6日
                                     雪 爺

第三回 商用落雁木型-1 
その1.慶事用木型

 大鯛 木型サイズ 330mm x 193mm
    彫物サイズ 237mm x 177mm
    制作年   昭和初期
Photo
 落雁としては最大級の大きさです。披露宴の席でウェデングケーキのように切り分けられていたのかも知れません。参列者はその祝いのお裾分けを持ち帰ったのでしょうか。
 また、選挙などの当選祝いに贈られたこともあったでしょう。

 鯛  木型サイズ 180mm x 108mm
    彫物サイズ  128mm x 90mm
    制作年   大正時代
Photo_2
 これはサイズが小さく、参列者への引き出物、頂いたお祝いのお返しとして贈られたものでしょう。

 亀と梅 木型サイズ 300mm x 70mm
     彫物サイズ 亀 95mm x 58mm
           梅   57mm x 45mm 
     制作年   大正時代
Photo_3
 これは還暦や喜寿の祝いなど、長寿の祝いの時に供されたのでしょう。

 松   木型サイズ 180mm x 90mm
     彫物サイズ 110mm x 68mm 
     制作年   大正時代
Photo_4
 
 海老  木型サイズ 170mm x 60mm
     彫物サイズ 98mm x 52mm 
     制作年   大正時代
Photo_5
 これらも「亀と梅」と同様、長寿の祝いの時に供されたのでしょう。 

Photo_6  
 卵寿  木型サイズ 180mm x 105mm
     彫物サイズ 120mm x 85mm 
     制作年   大正時代
 これは懐妊や出産の返礼用に贈られたのでしょうか。

その2.仏事用木型
 

 はすの花 木型サイズ 180mm x 100mm
      彫物サイズ 110mm x 82mm 
      制作年   大正時代
Photo_7
 
これは葬式や法事でのお供えものや、葬式饅頭と同じように返礼品としても供されていたようです。

« 「落雁木型と彫像展」の紹介ー2 | トップページ | 「落雁木型と彫像展」の紹介-4  »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「落雁木型と彫像展」の紹介-3 :

« 「落雁木型と彫像展」の紹介ー2 | トップページ | 「落雁木型と彫像展」の紹介-4  »

無料ブログはココログ