« 「落雁木型と彫像展」の紹介-3  | トップページ | 「落雁木型と彫像展」の紹介-5  »

2018年11月15日 (木)

「落雁木型と彫像展」の紹介-4 

「落雁木型と彫像展」の紹介-4                                平成30年11月15日
                                                                    雪 爺
第四回 商用落雁木型-2

その3.紋章木型
家紋、寺の山号、店のマークなど特定の宣伝を兼ねたもの。安中市は同志社大学を創設した新島襄の出身地でしたのでこのような木型が作られました。 
 
 三つ巴 木型サイズ 194mm x 143mm
        彫物サイズ 120mm x 115mm 
        制作年   大正時代
 
Photo

新島落雁 木型サイズ 390mm x 83mm
        彫物サイズ 45mm x 45mm 
        制作年   昭和時代

Photo_2

その4.行事用木型
お宮参り、兵役入隊、入学、卒業など各種行事に合わせ色々な木型が製造されました。

 祝参宮 木型サイズ 224mm x 188mm
        彫物サイズ 145mm x 95mm 
        制作年   大正時代

Photo_3
 
 入営  木型サイズ 210mm x 100mm
       彫物サイズ 150mm x 82mm 
      制作年   昭和時代

Photo_6  

その5.一般用木型
子供の小遣いでも買えるよう、大量生産用に一つの木型に多くの文様が彫られています。

 花づくし 木型サイズ 425mm x 80mm
        彫物サイズ 30~35mm x 30~35mm 
        制作年   大正時代
上段左より藤、水仙、桜、椿、下段左より菊、牡丹、菖蒲、梅が2個づつ彫られています。

Photo_4  

  茶道具  木型サイズ 425mm x 80mm
         彫物サイズ 30~35mm x 30~35mm 
         制作年   大正時代

Photo_5

« 「落雁木型と彫像展」の紹介-3  | トップページ | 「落雁木型と彫像展」の紹介-5  »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「落雁木型と彫像展」の紹介-4 :

« 「落雁木型と彫像展」の紹介-3  | トップページ | 「落雁木型と彫像展」の紹介-5  »